HOME
院長のご挨拶
院内のご案内
診療時間
診療案内
アクセス
お知らせ
   
 



                                                診察室

一般眼科

☆ 外眼部疾患 : 角膜・結膜・眼瞼などの疾患は細隙灯に設置してあるモニターなどを用いて分かりやすく説明いたします。

☆ 網膜疾患 : 糖尿病網膜症、網膜血管閉塞、加齢性黄斑変性などの網膜疾患は、OCT(光干渉断層計)により、詳細な病状を把握できます。また、必要な場合はFA(蛍光眼底撮影)により、病状の進行を調べます。

☆ 緑内障 : 早期発見、早期治療を目指します。自動視野計(ハンフリー)、動的視野計(ゴールドマン)にて視野検査を、OCTにより視神経線維層を測定解析します。

☆ 白内障 : 点眼加療にても視力低下が進行して不自由を感じるようになれば手術を行います。

☆ コンタクトレンズ : 眼の状態や使用スタイルなどにより、最も適したコンタクトレンズを提供いたします。

☆ ドライアイ : 角膜保護や人工涙液などの点眼薬にて改善しない場合は、シリコン(固形)もしくはコラーゲン(液状)の涙点プラグにて涙点を閉鎖します。頻回に固形プラグが脱落する場合は、涙点を結紮します。

☆ 眼瞼痙攣・顔面痙攣 : 瞼(まぶた)や片側の顔面がピクピクと自分の意思と関係なく痙攣します。日常生活に支障がでるほど痙攣が強く持続して眼瞼を開けるのが困難な場合はボツリヌス注射療法(ボトックス治療)で治療します。




                                               手術室

当院では日帰りでできる手術を行っております

☆ 白内障手術 (小切開手術と非球面眼内レンズ)

局所麻酔後に、濁った水晶体を超音波で砕いて吸い取り、眼内レンズを移植します(超音波乳化吸引術)。2.8 mm 以下の切開創から、インジェクターを使用して折りたたみ眼内レンズを挿入する小切開手術で、通常切開創は無縫合で閉じます。小切開創からインジェクター使用による眼内レンズ挿入や、効率よく水晶体の乳化吸引が可能な最新の機種の使用により、角膜への負担が最小限となり手術時間は従来よりも大幅に短縮でき、体への負担も少なくなっています。手術後は眼帯をして帰宅し、翌日に眼帯を外して視力を測定します。その後は1週間以内、2週間後、1ケ月後と少しずつ診察期間が延びていきます。

当院では非球面眼内レンズを使用しています

非球面眼内レンズ : 従来の眼内レンズは表面が球面状であり、レンズ周辺部を通る光は中心部を通る光よりも近いところに像を結んでしまうために光の輪郭がぼやけて見えたり、にじんで見えたりします。これを球面収差といいます。眼内レンズを非球面化することで、この収差を抑え、より鮮明に見えるようにするものが非球面眼内レンズです。術後、球面レンズ使用と非球面レンズ使用とで同じ視力(例えば1.0)が見えたとしても、見え方に違いがあるということになります。模様や明るさの微妙なな違いを判断する能力(コントラスト感度)も改善されるので、はっきりと見える範囲が広がり、特に瞳孔径が大きくなる暗所での見え方が改善される効果があります。これは夜間運転される方にとっては、より早く歩行者を発見し余裕をもって停車できるので、より安全に運転することができるでしょう。また、薄暗い所における様々な生活での視機能改善につながります。

☆ 眼瞼下垂症手術 

☆ 眼瞼内反症手術

☆ 翼状片手術

☆ 霰粒腫摘出

☆ 涙管チューブ挿入術